地元活動(学習会、りっけん神奈川政治塾)(3月27日)

神奈川1区(中区・磯子区・金沢区)

「りっけん神奈川政治塾」

 

普段よりお世話になっている方々の主催する学習会では、防衛大学校の田中宏巳名誉教授を講師にお迎えし、「米軍が選んだ日本の爆撃目標-戦前日本の産業を考える」と題して、米国が作成した爆撃目標リストから、米軍の戦争観だけでなく、日本の産業の実態、特徴、問題点をお話いただきました。(写真なし)

 

私も外交・安保政策を担当させていただいておりますので先生にご挨拶させていただくとともに、大変勉強になるありがたい機会となりました。
コロナ禍で大きな会場が限られており、会場費が嵩むというご苦労ある中での開催、本当にお疲れさまでした。

 

その後、私が塾長を務める「りっけん神奈川政治塾」を開催しました。
今回は3.11から10年の節目の月の開催となりました。
東北三県の津波被災地で進められてきたインフラ整備はほぼ終わったとされています。

 

しかし、多くの被災地で、住民が避難先から戻らず、造成地に空き地が広がり、震災前から問題となっていた人口減と高齢化が災害で加速したことを忘れてはいけません。

 

そこで今回は桜井勝延前南相馬市長を講師にお迎えし、世界でも稀な災害大国に暮らす我々が、誰もが避けられない課題として、この教訓を社会全体で共有し将来に繋げていくための考える機会とさせていただきました。

 

桜井先生は東日本大震災での原発事故の際、住民の救済に献身される一方で、孤立した南相馬の危機的状況をTV番組やYouTubeで全世界に発信し、米タイム誌から2011年版の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた方でもあります。

 

塾生の皆さんと活発な議論を行っていただきましたが、先生のお言葉は大変貴重な重いものばかりでした。本当にありがとございました!

 

その後は中区で大変お世話になっている方のお宅にお邪魔し、ご挨拶させていただきました。
応援しているので頑張って!との温かいお言葉を頂きました。しっかりと受け止め、働いてまいります。いつもありがとございます。

 

以下、すべて「りっけん神奈川政治塾」

愛する地元から国を変える!
まっとうな政治。正々堂々と!

衆議院議員 しのはら豪(立憲民主党、神奈川1区)
Let’s GO!!!!!