しのはら豪 立憲民主党 衆議院議員(神奈川県第1選挙区)(金沢区・磯子区・中区)

2013年08月16日 (金)

横浜 防災フェア 2013

楽しみながら防災・減災について学ぶ、をコンセプトに開催される「横浜 防災フェア 2013」が来週に迫ってまいりました。

消防艇や消防船による放水やヘリコプターでの救助訓練など、普段は見ることのできないイベント、防災に関係するブースや車両が並び、災害時に役立つことが盛りだくさんです。

ぜひ、ご家族で足をお運びいただき、防災についてあらためて考えるきっかけとなるよう願っております。


横浜 防災フェア 2013


【日時】

8月24日(土) 午前11時から午後6時まで

8月25日(日) 午前11時から午後5時まで


【場所】

赤レンガ倉庫イベント広場 ほか

 

【主催】

横浜市・ラジオ日本

 

【スケジュール詳細】

8月24日(土)

午前11時~

○オープニングセレモニー

○横浜市消防音楽隊による演奏


午後0時10分~

○消防船、消防艇による放水訓練

○ヘリコプター水難救助訓練デモンストレーション


午後1時半~

○防災・危機管理ジャーナリスト渡辺実氏によるラジオ日本公開録音


午後2時半~

○はしご車デモンストレーション


期間中常時

○災害対応型巡視船「いず」一般公開(午後4時半最終乗船)※横浜海上防災基地に実施


8月25日(日)

午前11時半~

○横浜市消防音楽隊「ポートエンジェルス119」によるドリル演技


午後0時~15分~

○消防船、消防艇による放水訓練

○ヘリコプター水難救助訓練デモンストレーション


午後2時~

○海上自衛隊東京音楽隊スペシャルライブ ラジオ日本公開録音


午後3時15分~

○はしご車デモンストレーション


期間中常時

○災害対応型巡視船「いず」一般公開(午後3時45分最終乗船)※横浜海上防災基地にて実施


※当日はかなりの暑さが予想されますので、ご来場の際はこまめな水分補給や休憩をとるなど熱中症に十分ご注意ください。

※荒天時は中止となります。

当日の開催可否については横浜市コールセンター(TEL:045-664-2525)までお問合せください。


Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年08月05日 (月)

かなざわ育なび.net

金沢区は、パソコンやスマートフォンで、子育てに必要な情報を手軽に知ることができる、新たなシステム「かなざわ育なび.net」を8月からスタートしました。

「かなざわ育なび.net」のURLはこちら


金沢区のHPに記載されています「かなざわ育なび.net」の機能は下記のとおりとなります。

「かなざわ育なび.net」は、金沢区の新しい子育て情報ポータルサイトです。

スマートポイント その1

いつでもどこでも情報キャッチ(スマートフォン等で育児や仕事の合間に検索可能)

スマートポイント その2

パーソナライズ機能で楽々(居住エリアやお子さんの年齢に合わせた情報報検索)


あんな情報・こんな情報・・・ワンストップでお届けします。


出産・子育て

区役所で行われる乳幼児健診日程や各種講座を掲載。乳幼児健診は生年月日で該当日程を絞り込みできます♪

保育園・幼稚園、医療機関
保育園・幼稚園は受入れ年齢やサービス(一時保育の有無など)、医療機関は診療科目や受けられる予防接種の種類ごと・・・あなたの調べたい項目ごとに情報をお届けします。

おでかけスポット・おでかけイベント
区内観光スポットや公園などのおでかけ情報、区内で行われる子ども向けイベント情報を提供しています。

その他
防災関連情報として広域避難場所や地域防災拠点などの情報も提供します。

予防接種スケジューラー
入力していただいたお子さんの生年月日から計算した月年齢と照らして、今受ける予防接種を表示します。
※本サービスは基本的な予防接種パターンをお示しするものです。接種にあたっては主治医と十分にご相談下さい。

以上


サイトを見てみると、すっきりしたデザインで、ページ間の移動もスムーズ。手軽に有用な情報を入手できるページになっています。「かなざわ育なび.net」が、区民皆様の子育ての一助となるよう願っています。また、今後活用の拡大が予想される、オープンデータ利用を視野に構築されているとのことで、この取り組みが他都市に先駆けた先進事例へと発展していくことを期待したいと考えます。


Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年06月13日 (木)

金沢文庫企画展 大橋新太郎生誕150周年記念 「ほとけのすがた~金沢文庫コレクションⅠ~」

昨日は産業振興センターで、金沢産業連絡協議会の総会に参加いたしました。横浜金沢産業連絡協議会は平成8年に設立され、立地する企業が、相互連携を図り、英知を結集し団地産業の振興・発展することを目的としています。総会では、議案は全て承認され、終了後は懇親会が行われました。


さて、県立金沢文庫では、4月から行われていた特別展「瀬戸神社~海の守護神~」が終了し、明日6月14日~大橋新太郎生誕150周年記念企画展「ほとけのすがた~金沢文庫コレクションⅠ~」が開催されます。


大橋新太郎 生誕150周年記念企画展

「ほとけのすがた~金沢文庫コレクションⅠ~」

本年は県立金沢文庫設立に貢献した大橋新太郎の生誕150年にあたり、これを記念して収蔵の名品を2期にわたって特別公開します。第1期となる本展では、徳治三年(1308)に院派仏師により製作された釈迦如来立像(重要文化財)、弥勒菩薩坐像(光明院所蔵、鎌倉時代)、三千仏図(神奈川県指定文化財、鎌倉時代)など珠玉の仏教美術をご覧いただきます。また、明治の出版王・大橋新太郎が称名寺に寄進した西国札所三十三観音坐像(江戸時代)、大橋新太郎が称名寺の裏山に建立した八角堂に安置されていた聖観音菩薩立像(鎌倉時代)などをあわせて展示し、金沢文庫の復興に尽力した大橋新太郎の偉業をしのびます。


日時:6月14日(金)~8月4日(日)

会場:県立金沢文庫(金沢区金沢町142) 京浜急行「金沢文庫」駅東口より徒歩12分、シーサイドライン「海の公園南口」駅より徒歩10分

休館日:毎週月曜

観覧時間:9時から16時半(入館は16時まで)

観覧料:20歳以上(除学生)250円、20歳未満・学生150円 (20名以上の団体は150円と100円)、65歳以上と高校生は100円、中学生以下・障害者の方は無料


※ボランティアによる展示解説を、毎週土曜・日曜、および国民の休日に、それぞれ午後2時と3時から行います。展示解説に参加ご希望の方は、定刻までに金沢文庫1階展示室入口にお集まり下さい。


Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年06月12日 (水)

既存住宅のエコリノベーション提案を募集


横浜市は平成23年に「環境未来都市」として選定されました。「環境未来都市」とは、国の「新成長戦略」に位置付けられた、21の国家戦略プロジェクトの一つです。環境問題だけに限らず、超高齢化等諸問題に対応し、かつ都市の創造性を発揮して活力を生み出す、「誰もが暮らしたいまち」「誰もが活力あるまち」を作り出すことを目的とした都市構想です。

これまで横浜市は、環境未来都市化推進をはかるために実証実験やモデル事業費への補助金交付などを行ってきました。次なるプロジェクトとして、市民や市内企業が所有する既存の一戸建て住宅と共同住宅等を対象に、居住者の生活環境に合わせた、環境性能や利便性の向上など、住宅の価値を高める改修を行う「エコリノベーションの提案」の募集を行っております。優れた提案には選定の上、補助金が給付されます。横浜発の画期的なアイデアが生まれることを期待したいですね。


「既存住宅のエコリノベーション提案募集」について


公募する提案内容及び狙い

<提案1>既存住宅の性能向上と市内企業の活性化

<提案2>ライフスタイルに応じた快適な住まい方の実現

<提案3>市民への普及啓発

<提案4>環境に配慮したまちづくりの推進


公募対象となる住宅

一戸建ての住宅(1棟)

最優秀賞・・・・・・・・・・1事業者(補助金額は工事費用の1/3かつ上限300万円)

優秀賞(次点含む)・・1事業者程度


共同住宅等(長屋・共同住宅)(1戸)

最優秀賞・・・・・・・・・・1事業者(補助金額は工事費用の1/3かつ上限200万円)

優秀賞(次点含む)・・1事業者程度

※所有形態として、持家・借家の両方を対象とします。


公募対象者

市内の既存住宅の所有者と設計事務所及び施工業者等を構成員とする事業グループを対象として、エコリノベーションの企画提案を求めます。

なお、市場の活性化につながる、より有効な事業提案を求めるため、事業協力者として家具・内装メーカー、断熱材等の建材メーカー、IT企業、エネルギー供給会社、金融機関等(市外企業含む)との連携を期待します。


事業スケジュール

・提案書提出      :平成25年8月1日(木)~8月5日(月) (土日除く)

・選定結果発表    :平成25年9月上旬頃

・工事完了       :平成26年3月末日まで※今年度中に工事完了する住宅を対象

※事前参加登録・質疑の受付6月14日(金)までとなります。お知らせが遅くなってしまい申し訳ございません

 

提案募集要項等

募集要項(PDF形式、842KB)

・様式 Word形式(149KB) PDF形式(298KB)

事業制度要綱(PDF形式、177KB)

 

問い合わせ先

横浜市建築局 住宅部 住宅計画課
〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル4階
TEL:045-671-2922 FAX:045-641-2756

 

Let’ Go Yokohama!

篠原

2013年06月07日 (金)

明日、明後日は横浜開港祭2013

いよいよ明日6月8日(土)、6月9日(日)は、横浜開港祭2013が開催されます。

例年は開港記念日である、6月2日の開催でしたが、今年は第五回アメリカ開発会議の開催に伴い翌週開催となりました。

会場は、臨港パーク及びみなとみらい21地区・山下公園・新港地区。マリンイベント、ランドイベント、ステージイベントと別れ、多数のイベントが企画されています。

そしてラストには、6月9日(日)20時20分スタートのメインイベント花火大会が控えます。


開港祭HPに、開港記念日の由来が載っていましたので紹介させていただきます。

最初に調印された日米修好通商条約では、1859年7月4日に開港することになっていましたが、結局アメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの5カ国すべてに対して陽暦7月1日(現在の6月2日)に開港されることになったそうです。

もともと神奈川宿の辺りが開港の候補地だったそうですが、東海道沿いで外国人とのトラブルが予想されたため、当時は辺鄙で取り締まりやすいということで横浜の地が選ばれました。横浜は水深も十分あり港として優れていたため、開港後は急速に発展しました。

当年の開港当日は祝賀行事も行われませんでしたが、1周年にあたる万延元年の6月2日に、山車や手踊りで街中あげて開港を祝ったのが、開港記念日の始まりとのことです。


横浜開港祭は、昨年70万人を動員した横浜市最大のイベントです。天気も今のところ大きく崩れる予報はでておりません。皆様、是非足をお運びください。


横浜開港祭2013のHPはこちら

横浜開港祭2013のBLOGはこちら

横浜開港祭2013のFACEBOOKはこちら


Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年06月06日 (木)

特別委員会への意気込みと女川町のアンテナショップ開店

今日は「孤立を防ぐ地域づくり特別委員会」の今年度の第一回会議が開かれました。

この委員会は私自身が望んで入ったところでして、その動機には10代前半の体験があります。TVドキュメンタリー番組だったような気がしますが、日本の成長を担った高齢のお婆さんが、イナバの物置のようなところに、マメ電球ひとつで暮らし、人生の唯一の楽しみは月一回年金支給日の350ccの缶ビールを飲むことだけという記憶があります。

これを見た時、こんな悲しい社会はいけないという思いで、いつか社会のお役に立ちたいと考えていました。実はこの思いが私の政治家としての原点にあります。

日本では年間3万人が孤独死しています。20世紀の高度経済成長に伴う、農村部や準農村部人口のなかでも若者の都市部への移動と少子高齢化と年々増加する結婚率がどんどん低下。

一方、終身雇用制度と退職後の社会保障や医療制度、年金制度の崩壊を目の当たりにするなかで、この国の社会構造の転換をいかにはかるかという根本的な課題解決策がないまま、時間だけがどんどんと過ぎている現状は、皆様ご承知の通りだと思います。

地域コミュニティーの活用により、地域社会における人的資源と地域資源の結節点を探りセキュリティの確立を目指すことも大切だと思いますが、そのためには、まずは横浜市の中で現実はどうなのかを明らかにした上でこそ、足のある議論ができるのだと思います。

そこで孤独死、とりわけ行旅死亡人の実態把握から調査を進めていきたいと思います。



さて、写真はぜんぜん話とは違いますが、昨日のものです。3.11以降被災地支援を継続的に続け、その結果として、宮城県女川町のアンテナショップ「愛と勇気とさんま」を昨日立ち上げるまでになりました。


南部市場共栄会須藤さんと一緒に。

午前中は区役所での会議でお邪魔できませんでしたが、一緒に頑張りましょう!


女川町アンテナショップ「愛と勇気とさんま」

住所:横浜市中区元浜町4―36 みなとみらい線馬車道駅から徒歩3分

営業時間:10時~16時 水曜定休

電話:045(263)9104


カナロコ掲載の関連ニュースはこちら


Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年06月05日 (水)

横浜市民生活白書2013

平成22年度に実施した調査結果を基に、横浜市民の生活意識や実態を把握し、横浜の都市としての魅力と課題を市民と共有することを目的として「横浜市民生活白書2013」が発行されています。生活に関わる様々なデータがグラフで表示され、解説も詳しく書かれておりまして、横浜市の現状を知るにわかりやすい内容になっています。


【横浜市民生活白書 2013 の概要】

[第1章]

市民生活の変化や横浜の都市構造の現状を、さまざまな統計調査のデータから分析

2010年国勢調査など最新の統計調査データに基づいて、市民生活の変化や今の横浜の都市構造を浮き彫りにします。

[第2章]

10の市民像から今の市民の暮らしとその背景、課題を分析

市民の暮らし方、働き方や生活課題を、アンケート調査やグループインタビューから10の市民像として描き、その生活課題の解決策について考えます。

[第3章]

市民が望む暮らしやすい地域社会とは?「暮らしやすい地域社会指標」として7つの軸を提示

市民自らが暮らしやすい地域を実現するために実践している活動のレポートを通して、暮らしやすい地域社会とは何か、という視点から「暮らしやすい地域社会指標」を提示します。


「横浜市民生活白書2013」は、市庁舎1階市民情報センターにて1部750 円(税込)にて販売中。

また、下記HPにて全編をご覧いただけます。

「横浜市民生活白書2013」

 


Let’ Go Yokohama!

篠原 豪

 

2013年04月25日 (木)

金沢区の世界遺産登録キャンペーン

従前よりお伝えしていますとおり、6月にカンボジアで開催されるユネスコ世界遺産委員会にて、金沢区の「称名寺」「朝夷奈切通」を含む、「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録の可否が決定します。


世界遺産登録に向け一丸となって取り組むべく、金沢区と県立金沢文庫は、プロモーション協定を3月に締結しました。

連携内容は↓
○双方が主催・共催するイベントの企画、広報、集客及び開催に関すること
○区民に対する歴史・文化の啓発活動に関すること
○その他歴史資産を活用した事業実施に関すること



【3月22日に県立金沢文庫にて行われた協定書署名式 左が金沢文庫永村文庫長、右が林区長】


プロモーション協定締結の記念企画第一弾として、明日4月26日~県立金沢文庫来館者へ期間限定「ぼたんちゃんストラップ」プレゼントが開催されます。対象は、金沢区役所「世界遺産PRコーナー」、旧伊藤博文金沢別邸にて配布されるプレゼントチラシを持参した先着200名様限定となります。(プレゼント配布場所 県立金沢文庫窓口)


前回のブログでも紹介しました通り、県立金沢文庫では明日4月26日から特別展「瀬戸神社」がスタートしますので、是非足をお運びください。


「ぼたんちゃん」は金沢区の花「牡丹」をイメージしたキャラクターです。

 

Let’s Go Yokohama!

篠原 豪

2013年04月04日 (木)

「金沢区防災計画」への意見募集中

横浜市防災計画の見直しに伴い、金沢区防災計画が見直されます。そこで既に作成された「金沢区地域防災計画(修正素案)」への意見募集を行っています。


「金沢区防災計画(修正素案)」
金沢区防災計画概要(PDF形式 152KB)
金沢区防災計画(PDF形式 2,101KB)
金沢区防災計画(資料編)(PDF形式 948KB)


修正部分の特徴は、金沢区の被害想定の情報提供、新たに金沢区災害対策会議を設置、産業地域との連携、横浜市立大学金沢八景キャンパス総合体育館を区災害対策代替本部へ、新たに津波対策等になります。


お住まいの地域によって、防災に対する課題は多種多様あることと思います。修正素案をご確認のうえ、ご意見がありましたら、ご意見記入用紙に記入の上、郵送、FAX、eメールまたは直接区役所総務課庶務係におもちください。締め切りは4月19日(金)となります。


ご意見用紙送付先

郵送:〒236-0021 横浜市金沢区泥亀二丁目9番1号 金沢区役所総務課庶務係

FAX:045- 786-0934

eメール: kz-somu@city.yokohama.jp、


いただいたご意見を参考に、5月末までに最終案を確定し、6月3日~運用開始予定とのことです。


問合せ 区役所総務課庶務係 TEL 788-7706



Let’s Go Yokohama!

篠原豪

2013年04月03日 (水)

「都市計画探訪」のページ公開

横浜市のHPに、都市計画をアニメーションでわかりやすく解説する「都市計画探訪」というページが公開されました。



都市計画とは、都市の健全的な発展、快適な居住環境の確保、景観の保全などを目的とし、地域特性にあわせて、土地利用のあり方を規制・誘導し、都市施設の整備、市街地開発について計画を策定、その実現を図るための道筋となるものです。

その都市計画を考える際に基礎となる、区域区分、用途地域、都市施設等の意味や定義をキャラクターをつかいシンプルに解説しています。


尚、横浜市では市内全域の都市計画区分、地盤情報、固定資産税路線価情報、道路台帳図、地震防災情報、公共下水道台帳図の情報を、ウェブ上で確認できおる「行政地図情報提供システム」を展開しています。お住まいの地域の情報をのぞいてみてください。


Let’s Go Yokohama!

篠原豪

Go’sブログ

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ